みたいなもの

うん、彼女は恋愛に関してもエゴによる洗脳だとか、そんなネガティブな言い方ばかりしてたでしょう?」
ああ、そうだね。
でもそれはきっと、カウンセラーのクライアントに対するモラル?
みたいなものだったdermes 脫毛價錢んじゃないのかなあ」
うん。
もちろんそれはこのあたしにもわかってる。
でもあたしにはなんか彼女の???もとからあった考え方?みたいなものがそんな状況を生み出してしまったんじゃないかって」
え?
そ、それってどう言うこと?」


うん。
あたしにもそれは???、正直はっきりとはわからないんだけどね。
でもつまり彼女はその自分の魅力を???、なんて言うのかなあ?
つまりその魅力をdermes 價錢振りまくことでも愛は実現できるって、そのことに気づかなかったんじゃないのかなあ?」


魅力を振りまくことでの愛の実現?」


うん、そう」
振りまく???ことか?」
デリヘルじゃないわよ」
わ、わかってるよ」


そして気づけば、窓からの景色は一面の雪に覆われていた。翌朝9時過ぎに目覚めたホンジョウとユナは、その日夕方までには草津に到着しようと思い、新宿より午後一番の高速バスに乗って一路草津へと向香港股票行情かった。


カミカワさんに午前中に電話を入れたところ、
今日は貸し切り。
もちろん風呂も貸し切りだからゆっくり楽しめると思うよ」
と意味ありげな言い方をされ、
ああ、一緒に行くオンナの娘は姪なんだ。
そんなんじゃないから」
そう後ろめたさ見え見えにわたしは弁解していた。


草津への高速バスの客は当然のごとくがら空きで、わたしたち以外の乗客はたったの2人のみ。
おそらく帰省と思われる腰の曲がったいかにも田舎からトウキョウに出て来たって感じの80歳ぐらいの老婆と、その職業が全く想像すら出来ない無表情でその存在感を殺しているかのような中年オトコ???、その2人だけであった。


バスの車中わたしとユナは多くを語ることもなく、ふたり異世界への陶酔に浸ろうと視線だけで同意し、席に着くなり早々とクリスタルを両サイドから抱え、そのまま仮眠の準備へと赴くのだった。
どうやらわたしたちの間にはすでに以心伝心と言った関係性が芽生えたらしい。


ユナとホンジョウの夢、その2:


2010年2月4日(木)。
その日も連日同様、昼から摂氏10度に満たない寒い一日だった。