は民進都連だ

私が民進都連会長の松原仁(じん)衆議院議員から、野党統一候補として出馬要請を受けたのは告示日3日前の7月11日夕方だった。それからわずか数時間後の同日夜、民進の江田憲司代表代行から母乳 研究「岡田(克也)代表が会いたがっている」との連絡が入った。


用件は察していた。私に「降りろ」と言いたいのだ。ある市民連合の幹部によれば、枝野幸男民進党幹事長は私の擁立に一貫して反対していた。そこでほかの候補を探したがうまくいかず、松原氏の説得にイヤイヤ応じたのだ。


しかし、都連の要請直前にジャーナリストの鳥越俊太郎氏が出馬の意向を民進党に伝えた。その情報は私消化系統にもほぼ同時に入った。鳥越氏は超有名人だ。旧民主時代から民進に批判的な私の擁立を避けたい民進党本部は、都連の私への要請と同時に鳥越氏擁立を裏で進めたのである。


岡田氏との会談が始まった。だが、彼は一向に“そのこと”を切り出そうとしない。党として出馬を要請したのに、数時間でそれを覆(くつがえ)すとはさすがに口にしにくかったのだろう。


仕方なく、こちらから「鳥越さんでいくなら私は降ります」と伝えた。告示直前で候補擁立をめぐってゴタつけば、野党陣営に勝ち目はない。それだけは避けたかった。私の言葉を聞くと、岡田氏は安堵(あんど)したような表情を浮かべた。


メンツを潰(つぶ)されたのは民進都連だ。特に松原氏は憤懣(ふんまん)やるかたない。彼は私の擁立のため、民進の都議会幹部たちの同意を無理して取りつけた。岡田氏との会談後、電話をかけると「オレはみんな(都議会幹部)になんて説明すればいいんだ」と途方に暮れた声。私を推したある議員も「(党本部には)怒りしかない。あまりに古賀さんに失礼だ」とのメールを送ってきた。



投票日の前日、世論調査で「母乳 研究鳥越不利」の観測が出ると、岡田氏は9月の民進党代表選への不出馬を表明。都連の間でさらに党本部への批判が高まった。なかには裏で小池氏を支援する議員もいたらしい。


開票日は自宅で過ごした。小池氏の圧勝は「当然だろうな」と思った。なんの哲学もなく、知名度優先で候補者をクルクルと差し替える民進が野党第1党なのだ。たとえ統一候補の擁立に成功したとしても、一体感も戦略もないままでは、したたかに無党派層の支持を集める小池百合子新都知事には勝てるはずもなかった。


もし鳥越氏の出馬がなければ、私はそのまま立候補していたと思う。そして、鳥越氏が出演を断ったネットやテレビの政策討論会に出て、小池氏にはない公務員改革や都議会改革の“具体策”を訴えた。


もちろん、出馬を取り下げた弁護士の宇都宮健児氏とキッチリ政策協議をした上でのことだ。それでも、今から考えれば勝てたとは思えない。バックの民進の情けなさを、改めて目の当たりにしたからだ。


野党は惨敗を喫したことへの反省、検証を本気でしているのだろうか。今のところその動きは見えない。民進党代表選も蓮舫代表代行が「人気がある」というだけで勝利しそうだ。このままだと次の衆院選も同じ失敗を繰り返すだろう。

自己完結性など野戦

織田信長さんという人物を一言で言えば、「日本史上、不世出の天才戦略家」だろう。戦略家としては何千年に一樂聲東芝冷氣比較人、あるいはこの先誕生することがないかもしれないほどの天才だろう。信長さんを一言で言えば、「超合理主義者」だろう。若い頃は奇行が目立ち、「大うつけ」と呼ばれていたそうだが、一説には母親の関心を引くためとも言われるが、そんなことではなく、守旧的な権威、形式にとらわれた武家の習俗などに対する反発とともに、活動し易さ、自己完結性など野戦における合理性の追求だったのかもしれない。



髷は形にとらわれない茶筅髷、半そで、半袴、帯など使わずにどこでも簡単に手に入る荒縄、腰に水や火打石などの樂聲東芝冷氣比較七つ道具をぶら下げて山野を駆け巡るというのは信長さん自身が考えた野戦のスタイルだったのだろう。この人は母親には疎まれ、兄弟には背かれ、家臣にはそっぽを向かれ、天才とは言っても一部の能力だけのことで神ではないのだから辛いものがあっただろう。



そこで自分でスカウトした親衛隊が兵農分離の戦闘専従部隊の原型となった。当時は戦になると農民を徴兵して部隊編成を行なっていたが、そのために戦は農閑期しか出来なかった。これを戦闘専従部隊を編成して常に作戦行動が可能なようにしたのが信長さんだった。



また、銃器や弓と言った長射程火力を重視し、積極的に戦に取り入れたのも信長さんだった。そうした長射程火力の導入は戦闘における合理性の追求だったのかもしれないが、もう一つは味方から犠牲者を出さないと言うこともあったのかもしれない。信長さんは尾張統一戦で親衛隊から犠牲者が出ると非常に悲しんだと言う。



戦闘で犠牲者を出さずに樂聲東芝冷氣比較勝利すると言うのは戦闘における合理性の追求だが、信長さんの部下に対する思いやりもあったのかもしれない。銃器と言う長射程火力を効果的に使用して勝利した戦いの例に挙げられるのが「長篠の合戦」だが、最近は火縄銃の三段撃ちはなかったと言うのが定説になりつつある。




を心に隠し「哀れみ、

神父は、現実を予知し、次元の違う現実と共にある世界を美咲は心の中で表しているのではないかと、可能性ではあるが、神父は心で見た光景と精神科医の可能性から今後の美咲の行く末を思い浮かべ腦部發展 た。
しかし、それが可能性と仮説であり、言葉で表現し話せるものではなく、美咲への見守り方の視点を変えていく。


神父は、真理について叔父夫婦の話しを聞き、魅力ある女性になっていくようだと思った。
美咲の不思議なものと同じようなものを感じた神父である。
真理は、現実の世界で、人と結びつき、自分自身の魅力を表現している。
美咲は、たった独りで描く絵画で、自分自身の魅力を表現しているようだった。
しかし、神父の思いの中で、二人の共通点を感じるが、それが何か、まだ確信に至る事がなかった。
生活の環境が全く別々なのに、二人に感じられるものは同じものと、何故かそう思えた。
人間は「怒り、苦痛、憎悪」を心に隠し「哀れみ、喜び、楽しさ」を表現して生きているのが殆んどである。
神父は、姉妹の感受性についても考えていた。


幼き頃は、感受性の強さによって、外界から心に受けるものが違ってくる。
叔父は、嬉しそうに真消化系統 理は将来、医師になるという目標を持ったらしい事を神父に伝えた。
しかし、どうしても、真理の不思議な生活ぶりが、叔父は気になりはじめ、神父に一度みてもらいたいという。
神父は、言われるがまま、内科医の叔父の自宅と診療所で、真理の日常生活の姿を見る事にした。


美咲は笑顔をみせる事がない、微笑さえみせる事もない。
施設内では、部屋に閉じこもり、絵を描きながら何かを呟き囁いている。
真理は、笑顔をふりまき人との交流を楽しんで社交性に富んでいる。
学校でも会話上手で人に優し寶寶 免疫力い子供で勉強も良くできた、いわゆる優等生である。


神父は、様々な本を読み返していた時期の記憶を思い出す。
双子には特別な関連するものがあり、特別な絆を持っていると言われる。
それは、科学では判断がつかない事が多すぎるようで、色々と様々な仮説があるらしい。
真理と美咲の性格は、見た目では正反対で共通するものはわからない。
テレパシーの様なもので共通する場合としない場合があるらしい。
内科医の叔父夫婦によれば、真理は一度だけ学校で、別人のように怒りを表わにした事があったという。