美咲は下向き加減で

しかし神父の姿を見た真理と美咲は神父をじっと見つめ、神父は何も言わず両手を差しだすと、二人の瞳は笑みを浮かべ立ち上がる。
真理と美咲は神父の手に、二人が手を当てると立ち上がり、首をPretty renew 美容縦に振った。神父に何かを感じたような真理と美咲だった。
警察官は真理と美咲が自宅から外に出ると自宅内捜査を始めるが、何故か二人の姿を思い浮かべると捜査の途中でやめた。
警察官達は、何故途中で自宅内から離れたかは不明、神の思し召しかは全く分からないが何かに誘導されるかのようだった。
ただ、警察官が持っていたのは、フォトアルバムだけだった。


叔父夫婦は、厚着のコートを着せ自宅から教会まで歩いて行く事になる。
歩いている途中、真理と美咲は叔父夫婦と手を繋いているが、真理と美咲は一切、会話をする事はなかった。
ただ、約1キロ程の道を一緒に歩いている姿だけである。


教会へ着くと、真理はキョロキョロしながら教会の中を見回していた。
もの珍しかったのか、何かを探すかのようだった。
美咲は、教会の椅子に下を向きながら、黙って座っていた。
Pretty renew 傳銷教会へ入ると、二人は繋いだ手を離し、真理はゆっくりと静かな足音でマリア像へ向かっていく。
美咲は下向き加減で、椅子に座り、独り言か歌なのか小さな声で囁きはじめた。


教会には、孤児を引きとり預かってもらえる施設があった。
二人の情景を見て、神父は何かを感じた様子で、二人は、一緒に生活をする事は避けるべきと、神父は叔父に話しをした。
しかし、叔父夫婦は、どうしても納得がいく事が出来なかった。
「どうして二人を引き離さなければならないのですか?」
「なぜ、姉妹を離れ離れにしなければならないのか、その理由とは何ですか?」
叔父夫婦は、神父に聞いた
「二人を時々会わせる銅鑼灣 髮型屋


のはいいのだが、一緒に暮らす事は、負担がかかりすぎるでしょう」
神父は、叔父夫婦に話をした。
そして、二人の子を守りたいのなら、そうすべきだと強く叔父夫婦に話をしたのだ。
叔父夫婦もキリスト教徒で、完全に納得はしなかったが、戸惑いながら神父を信じて言う事に従う。


姉の真理は叔父が引きとり、妹の美咲は教会にある修道院の施設に預ける事になった。
話し合いの後、叔父夫婦は具体的な対応を聞き、戸惑いから真理と美咲を見ながら冷静に考えはじめる。
神父には、今後の真理と美咲の何かが見えているのではないかと思うようになった叔父夫婦だった。
今後の双子の姉妹、真理と美咲の将来の行く末と人生の向かう先を感じ、何かが見えていたのだろうと叔父夫婦は考え信じる事にした。


丸出しでみゆきが群

その視線の先で、なおが相手チームの陣に切り込むように走りこみ絶妙のパスを受け取ると女性陣からまた歓声が上がる。
 何Amway呃人もしてないシーンでもやたら騒ぐのはなぜだ?


「なおちゃん、一年生の頃からサッカー部のレギュラーなんだよ。みんなから好かれてるし」
「相手が誰でも、ズバっともの言って、気持ちがええ子やねん」
「へ~ すっごいなぁ」


 対する相手をかわし巧みなドリブルさばきでゴール前になおが肉薄する。最後の一人をかわすと威力のあるシュートが放たれる。


「おおーっ!」


 ボールがネットに突き刺さり、笛の音がこだまする。
 一際大きな歓声が上がる。ほぼ、なおの独壇場といっていい試合だ。
 人気があるのは理解できた。すべてにおいて、緑川なおに肉薄できる選手はいないAmway安利ということだろう。
 バレーともまた違うルールなのだなとレイは観察の感想を抱くのだった。


「か、カッコいいっ!! わたし、四人目は緑川さんしかいないと思うのっ! ううん、緑川さんしかいないっ!!」


 気合を込め指を空に差して宣言するみゆき。
 周囲の注目が集まる。


「みゆき……お前なぁ……」
「四人目、何?」
「えっ!? えっと、何でもない……」


 レイの視線にみゆきはしどろAmway呃人もどろになる。


「何やってん……」


 小声で突っ込み、ため息と共に頭に手を当てるあかね。その隣で苦笑いするやよい。


「みゆきぃ、声大きいちゅーの……」
「あはははっ。な、何でもないの阿子さんっ!」


 ごまかしになってないぞ星空?
 それにしても……この三人の関係が少し変化しているように思う。
 違和感が何なのかすぐにわからない。
 試合終了と同時に女生徒らがなおに殺到する。


「うわっぁぁぁ!」 


 背後からの女生徒の群れに弾かれるみゆき。


「むぅぅ……で、出遅れた~~~ 緑川さーんっ! ど、どいて~~」


 ミーハー丸出しでみゆきが群れに突っ込むのを残された三人は見守る。


「それで、四人目って何?」


 しつこくレイがあかねに問いかける。


「あー、うち用事あんねん。またなっ!」


二人が神妙な顔で

映画と食事。夢に見た牧野との時間はとても楽しく早くあいつに会いたかった。中国に出張中な自分が恨めしく
携帯番号を聞いてなかった事に腹が立つ!分刻みのスケジュールの中2時間空いたと秘書から連絡があった。
夜まで休憩もなくヘトヘトだったが一気に元気になる。楽しみにして口腔噴劑いたUSBをスーツの内ポケットから取り出す。数分の空き時間に、牧野の動画を見るつもりはなかった。)




パソコンにUSBを差し込み画像が現れるまでコーヒーを飲みながら待つ。画面には牧野が点滴の管に繋がれ
病院にいる姿が映っていた。眠っているようだが顔は青白く、呼吸が荒い。病院のあとの映像は退院の時のだろう。あいつの友達に寄りかかるようにして、マンションに入っていく姿だった。


画面でも驚くぐらいガリガリに痩せていた。インターコムを力任せに押し尾上と西田を呼べ!!」と叫んだ。
部屋の外でalmo nature 好唔好待機していたのだろう二人が神妙な顔で入ってきた。(呼ばれることを想定していたように)どういうことだ!!なぜあいつが入院してる?なぜ黙っていた!」俺の剣幕にまだ黙っている二人。




誰だ?そんな俺のことを道明寺の種馬だなんていうヤツは?
まあそれを言うならこれぞ血統書つきのサラブレッドだと言ってくれ。
馬と言えば、俺のムスコが臨戦態勢の時は馬並だろうと羨ましげに聞かれるが、他人と比べたことがねぇからわかんねぇな。聞いた話しだが種牡馬になると種付けシーズンには200頭くらい相手にするらしいが、俺が種を付けたいのは牧野だけだ。
他の牝馬なんかじゃ勃たねぇからな。



ツクシハニーは元々うちにいた馬だがツカサブラックは牧野のおねだりで買った馬だ。
おねだりっても、まあ・・俺も邊個補數學好悪くはないと思った馬だから買ったことに悔いはない。
それにツカサブラックがツクシハニーに惚れこんじまったのを見た牧野が、可哀想に思って買ってくれと頼んできたのもある。元々ツカサブラックは他の牧場からうちのハニーが預けられている牧場に来た馬だ。
あいつ運搬車から降りた途端、うちのハニーに惚れて付き纏い始めたってんだからすげぇいい度胸してる。ツクシハニーにちょっかい出す馬がいる。
そんな連絡を受けて見に行けば、牧野にあの馬あんたに似てるね!なんて言われた始末だ。 俺と馬を一緒に考える女なんて牧野しかいないが、あいつのお願い目線で言われたら買わないわけにはいかねぇ。そんな経緯でうちに来たツカサブラック。